携帯電話のチェックも必要な浮気調査

携帯電話のチェックも必要な浮気調査

配偶者に浮気の気配を感じた場合、疑った側は何かと配偶者のことが気になるものです。ただしストレートに聞くことにもためらいを感じ、決定的な証拠を掴んでから相手に問い詰めることも手段の一つで、探偵社に浮気調査依頼をするという人も多いです。

携帯電話は浮気の証拠が満載!

配偶者が浮気をしている場合、100パーセントに近い形で浮気相手との連絡手段に携帯電話を使っています。直接電話で話をしていることもあるでしょうし、メールやLINEで待ち合わせの連絡や日常のやり取りも行っている場合が大半です。従って自宅で配偶者が携帯をリビングの机に置きっぱなしにして入浴している際にこっそり覗き見することが出来れば高い確率で浮気の証拠を掴むことが出来ます。

携帯メールの浮気チェック方法(本文が削除されていてもOK!)

浮気をすると普通は慎重になり、自宅で配偶者に携帯を見られないように注意するものですが、浮気して日がたちますと、徐々に警戒の気持ちも薄れてきてしまったりもするものです。そしてロックもかけずに無造作に放置されているようなことがあればメールをチェックすることで様々なことが分かります。浮気相手と交換しているメールが残っていればそれが動かぬ証拠になりますし、メールの本文がなくても証拠は探せます。メールではいつも打っている文字が学習機能で上位に出てきます。従って50音を一文字ずつ片っ端から打ち込むと、「愛しているよ」という文言や浮気相手の名前が出てくることもあります。

素人が撮影した浮気の証拠写真は裁判でつかえない?

メールで浮気を確信した場合、あとは探偵社などに依頼して配偶者と浮気相手が会っている現場の写真などをキャッチすれば相手に浮気を白状させることが出来ます。ラブホテルに入る瞬間の写真を突きつけた場合、「ホテルで休んでいただけで大人の関係にはなっていない」と言っても通用しません。これは過去の浮気裁判でも同様の判断がされています。

まとめ

浮気をした場合、ツールとして携帯電話は100パーセントに近い確率で使われていますので、ロックがかかっていない時があれば、のぞき見をすることで証拠を見つけられる可能性が高くなります。そしてこれと探偵社に依頼して入手した浮気相手との密会現場の写真を合わせれば、浮気の動かぬ証拠になります。浮気調査については尾行などが素人では難しいため、専門の業者に依頼することがおすすめです。

人気記事