浮気調査はどこの興信所に依頼しても同じ?

浮気調査はどこの興信所に依頼しても同じ?

配偶者や恋人が浮気をしている気配があるけれど、自分では確固たる証拠を掴めないということもあるでしょう。携帯の履歴を調べることくらいはできるかもしれませんが、尾行となると素人には非常に難しい部分があるものです。仕事や子育てをしているという場合には、浮気の証拠写真を撮影するのは不可能に近いでしょう。
そういう場合には、興信所に浮気調査を依頼するという手があります。探偵によって尾行を実施してもらい、証拠写真や画像のほか、浮気相手の素性を突き止めることができます。

興信所はどこでも同じなの?

では、興信所であればどこも同じかというと、そうではありません。浮気調査の長けているところとそうでないところがあります。大抵の興信所は浮気調査を実施していますが、調査報告書の完成度には大きな違いがあります。ただ単にパートナーが浮気しているかどうかを知りたいだけなら、精密度は問われないでしょう。しかし、その調査報告書を基に、離婚裁判や慰謝料請求を考えているなら話は別です。裁判で勝つためには、それ相当の調査報告書が必要になるためです。

裁判所で離婚が認められるケース

まず、離婚が認められるケースは「不貞行為があった場合」ということになります。これは、配偶者以外の異性と親しくしているだけでは認められません。つまり、毎日電話したり、食事をしている程度の仲では不貞行為にはならないのです。離婚で認められるのは、度重なる浮気行為、また肉体関係の有無が焦点になります。そのために、詳細な浮気の証拠が必要になります。日時の記録のほか、鮮明画像を求められることになります。
慰謝料請求をする場合も相手側が弁護士を立ててくる可能性が高く、調査報告書の些細な不備を指摘されると支払いが却下されることになりかねません。

なぜ浮気調査の費用は高いの?

浮気調査の費用というのは決して安いものではありませんので、調査報告書のクオリティは非常に重要であるでしょう。まず探偵が素人ではなく、浮気調査に精通していること。そして、浮気は夜間帯が多いものですので、高度な機材が揃っており暗闇でも撮影ができるなどは欠かせないポイントです。

まとめ

ですので、「興信所はとこでも同じだ」と値段だけで選ぶのはよくありません。まずは、いくつかの興信所に問い合わせをして、無料相談を利用してみることをおすすめします。そこで、実際に調査報告書の例を見せてもらえば、その違いが一目瞭然であるはずです。その上で、実際に浮気調査の依頼をする興信所を決めるのがよいでしょう。

人気記事