浮気調査は裁判をやることが前提で行う?

浮気調査は裁判をやることが前提で行う?

現在はカップルの3組に1人が離婚をする時代と言われています。90%以上の人は協議離婚であり、裁判離婚をする人は2%程度ですが、決して少なくはありません。浮気調査をするなら、裁判をやる覚悟もしておいたほうがよいでしょう。

どんなときに裁判になるの?

離婚をするときは、まずは夫婦で話し合いをします。協議離婚というのは、夫婦で話し合いをして離婚が成立することを言いますが、離婚をしたカップルのうち、90%以上の人はこれに該当します。弁護士に依頼をして、間に入ってもらうことも多いようです。離婚時には慰謝料、養育費、財産分与、子供の親権、面会交流権など、さまざまなことを取り決めしますが、しっかりと話し合って公正証書にしておかないと、後でトラブルになることが多いです。協議離婚をする場合でも弁護士に相談をしておくべきでしょう。話し合いで解決できない場合には、調停へと進み、調停でも争いが解決しない場合に、裁判へと進みます。

裁判では証拠が必要になる

どんなときでも離婚裁判を起こせるというわけでもありません。民法が定めている法定離婚原因が必要になります。すなわち、「不貞行為」、「悪意の遺棄」、「3年以上の生死不明」、「重度の精神病」、「その他の婚姻を継続しがたい重大な事由」のいずれかについて争うことになります。浮気調査をする場合には、不貞行為を証明することになりますが、ラブホテルに2人で入る写真のような確実な証拠がないと、争いが長引いてしまう可能性も高いです。逆に、確実な証拠があるなら、裁判をやるまでもなく、相手が素直に離婚や慰謝料の請求に応じてくれる可能性も高くなります。

どのくらいの期間がかかるの?

裁判をやると、半年から、長ければ3年程度の期間がかかることもあります。確実な証拠がない場合には、長引く傾向があります。必ずしも判決まで行く必要はなく、途中で和解することもできます。いずれにしても、証拠が重要になります。ホテルの領収書、コンビニのレシートなどのように、確実な証拠とは言えなくても、複数の証拠を組み合わせて不貞行為を証明できることもあるので、小さな証拠でもできるだけ集めておくことも重要です。家庭裁判所で判決が出ても、高等裁判所へ控訴される可能性もあります。

まとめ

浮気調査をやるなら、確実な証拠をとることがとても重要になります。証拠がなければ、争いは長引き、時間を拘束されることになります。精神的な負担もかかります。信頼できる探偵社に依頼をして、確実な証拠をつかんでもらうことが重要です。

人気記事