浮気調査で得たいのは証拠写真

浮気調査で得たいのは証拠写真

今は離婚率が上昇しており、多くのカップルが一度結婚したものの、別れるといった結果になっているものです。ですから、バツイチやバツニという人たちも多く、子供がいたとしても子連れで離婚や再婚をしたりすることもよくあるのです。離婚原因の一つとして、配偶者の不貞行為を挙げることができます。これは法的にも認められるものでもあるので、証拠があると有利といえましょう。

自分でできること

しかしながら、なかなか自分で動くことは難しいものです。また怪しいと思っても真実であるのかもわからなかったりするものです。相手の様子を不審に思うようになったら、まずは相手の行動記録をひそかにとっておくようにするといいでしょう。それは相手にわからないようにいつもと変わらない様子で進めることが大切です。帰宅時間や飲み会や出張、携帯のメール、ロックの状況、車のナビの目的地など、こと細かく記録をすることによって、相手の行動パターンが見えてくるものです。そしてできるのなら、自分で尾行などをすることができれば、それほどお金もかからないものです。

自分でできないことは探偵に

しかし、自分でできることには限界があります。尾行をするにも自分の顔がばれているので、動きにくいこともあります。そういった場合には、探偵事務所に浮気調査を依頼してみるのもいいでしょう。プロに調査をしてもらうことで、配偶者に勘づかれることもなく、スムーズに浮気の瞬間の証拠写真などを撮ってもらうことができたりすることでしょう。

浮気の証拠写真は説得力大

相手が浮気をしていることが分かる写真としては、ホテルやマンションなどの密室になるような場所に出入りをする場面になります。行動パターンから尾行をしてもらい、その瞬間を収めてもらいましょう。それが決定的な証拠になるので、配偶者は言い逃れができなくなります。また、浮気相手についても顔がわかるので、それによって、どのような人物であるのかを調べてもらうこともできるのです。

まとめ

このように、相手が浮気をしているという疑いがある場合には、自力でできることはしてみて、できないことは探偵に依頼をして調べてもらうようにすると、夫婦関係の問題も解決の方向に進めることができるでしょう。離婚をするにしても、復縁するにしても、より良い方向に進めるためには証拠を得ることから始めましょう。思い悩むくらいなら、行動に移してみるのが一番良いことでしょう。

人気記事